フリーランス・個人事業主の経理がラクに!おすすめの会計ソフト2選

フリーランス・個人事業主の会計ソフト

こんにちは。個人事業主の「Sバード」です。

フリーランス・個人事業主として活動し始める際、経理や確定申告について悩むことがあると思います。

  • 経理のことなんて、全然わからない!
  • 簿記や確定申告ができる自信がない。
  • 周りに頼れる人がいない。
  • etc…

私も開業当初は、経理の知識がゼロでした。頼れる人もいなく、「帳簿づけに確定申告……。一体どうすればいいの?」と、途方に暮れていました。

ところが、思い切って「会計ソフト」を導入した結果

Sバード
帳簿づけや確定申告が、ラクにできた! フリーランス・個人事業主なら、会計ソフトを導入すべき(なければ不便)。

と実感しています。

この記事では

開業一年目の初心者でも使える「クラウド会計ソフト」

を、厳選紹介しています。

1.クラウド会計ソフトをお薦めする理由

1-1.クラウド会計ソフトの特徴

今主流の「クラウド会計ソフト」には

  • インストール不要(オンラインで使える)
  • 常に最新バージョン(税制の改正に即対応)
  • PCが壊れてもデータが消えない
  • PC買替時のデータ移行作業が不要
  • 銀行口座から自動でデータを取り込める

など、従来型の会計ソフトにはない便利さがあります。

学ブゥ
すべてオンラインだから、セキュリティーが不安……

通信内容や保存データのセキュリティーには、金融機関と同レベルの暗号化方式が採用されています。また、クラウド上のデータは、CSV形式やPDF形式でダウンロードできるため、いつでも手元にデータを保管できます。

  • 煩わしい作業を減らしたい。
  • 経理に時間を取られたくない。
  • 本来の仕事に集中したい。

と願うフリーランス・個人事業主にとって、クラウド会計ソフトは強い味方となります。

1-2.2大クラウド会計ソフト

クラウド会計ソフトはいくつかありますが、この記事では、初心者でも安心して使える

の「2大クラウド会計ソフト」に絞って紹介していきます。

2.基本機能(比較)

「2大クラウド会計ソフト」のどちらも、日々の会計から確定申告まで、フリーランス・個人事業主の経理に必要な機能は、すべて揃っています。

個人事業主向けプランの基本機能(比較)
機能マネーフォワードfreee(フリー)
使えるOSWindows/Mac/iOS/AndroidWindows/Mac/iOS/Android
他社ソフトからの乗換え
取引明細の自動取得
(銀行3011社/カード415社)

(銀行3263社/カード138社)
確定申告書の自動作成
書類作成・人事労務
  • 取引書類の作成
  • 給与計算
  • マイナンバーの管理
取引書類の作成
レポートの出力
サポート
  • メール
  • チャット
  • 電話(パーソナルプラスのみ)
  • メール
  • チャット
  • 電話(プレミアムのみ)

各機能の詳細を、一つずつ解説していきます。

【基本機能 1】使えるOS

2社とも、Windows・Macの両方で操作でき、iOS版・Android版の専用アプリが使えます。

【基本機能 2】他社ソフトからの乗換え

他社ソフトで使っていたデータをインポートすることによって、乗換えができます。

マネーフォワードのインポート画面

インポート-MF

freee(フリー)のインポート画面

インポート-freee

データをインポートする際は、2社それぞれの独自フォーマットに一旦変換する必要があります。

【基本機能 3】取引明細の自動取得

銀行やクレジットカードと連携することによって、取引明細を自動取得できます。データの入力の手間が省けるため、会計業務がラクになります。

マネーフォワードの自動取得

銀行3011社、クレジットカード415社と連携。このほかにも、電子マネーや通販各社とも連携しています。

データ連携-MF
マネーフォワードの連携画面
取引明細の自動取得-MF
マネーフォワードの自動取得画面

freee(フリー)の自動取得

銀行3263社、クレジットカード138社と連携。マネーフォワードと同様、電子マネーや通販各社とも連携しています。

データ連携-freee
freeeの連携画面
取引明細の自動取得-freee
freeeの自動取得画面

2社とも、対応していない金融機関を探すのが難しいほど、連携先が豊富です。

【基本機能 4】確定申告書の自動作成

複雑で面倒な「確定申告書の作成」は、会計ソフトが代行してくれます。

マネーフォワードの自動作成

作成画面には、確定申告書の実物と同じ記入項目がズラーっと表示されます。

確定申告書の自動作成-MF

実物の用紙に記入する感覚で、確定申告書を作成できます。

freeeの入力画面に比べると複雑ですが、一項目ずつ着実に入力していけば、初心者でも問題なく申告書を作成できます。

freee(フリー)の自動作成

作成画面は、簡単な質問形式です。

確定申告書の自動作成-freee

「会社から給与を受け取りましたか?」「株式の取引はありますか?」などのシンプルな質問に答えるだけで、簡単に申告書を作成できます。

e-tax(電子申告)への対応状況
国税庁のe-taxには、「ソフトウェア版(Windowsでのみ動作)」「Web版(Windows・Macの両方で動作)の2種類があります。マネーフォワードはソフトウェア版にしか対応していませんが、freeeは両方に対応しています。

【基本機能 5】書類作成・人事労務

取引書類の作成や給与計算など、会計ソフト以外の機能について比較します。

マネーフォワードのツール

  1. クラウド請求書
  2. クラウド給与
  3. クラウドマイナンバー

などのツールが、個人事業主のプランで使えます。

ツール-MF

①では、「見積書」「納品書」「請求書」「領収書」をプレビュー画面から作成でき、さらに、面倒な郵送作業もクリック一つで代行してくれます。

②では、「従業員の給与計算」「Web給与明細の発行」「年末調整」など、給与支払に必要な業務すべてを自動で行えます。

③では、情報漏洩が許されない「従業員のマイナンバー」を、金融機関並みのセキュリティーで厳重に管理してくれます。

freee(フリー)のツール

「見積書」「納品書」「請求書」「発注書」をプレビュー画面から作成でき、(マネーフォワードと同様)クリック一つで郵送を代行してくれます。

ツール-freee

給与計算やマイナンバー管理の機能は、個人事業主向けプランでは提供していません。これらの機能を利用するには、「人事労務 freee」という別のサービス(有料)に登録する必要があります。

【基本機能 6】レポートの出力

事業を営むうえで、キャッシュフロー(お金の動き)を把握することは重要です。2社とも、キャッシュフローレポートを自動で出力できます。

マネーフォワードのレポート

  • キャッシュフローレポート
  • 収益レポート
  • 費用レポート
  • 得意先レポート
  • 仕入先レポート

などを出力できます。

レポート-MF

freee(フリー)のレポート

  • キャッシュフローレポート
  • 収益レポート
  • 費用レポート
  • 損益レポート
  • クロス集計表

などを出力できます。

レポート-freee

【基本機能 7】サポート

マネーフォワードのサポート

メール、チャット、電話でのサポートに対応。(電話のサポートは「パーソナルプラス」のみ)

サポート-MF

ヘルプページが充実しているため、大半の疑問はそちらで解決できるでしょう。

freee(フリー)のサポート

メール、チャット、電話でのサポートに対応。(電話のサポートは「プレミアム」のみ)

サポート-freee

マネーフォワードと同様、ヘルプページが充実しています。

3.料金(比較)

2社ともお試し用の「無料プラン」があるため、最初は無料で使いながら比較するといいでしょう。しかし、無料プランは機能に制限があり、使い物になりません。

お試し後は、必要な機能をストレスなく使える「有料プラン」に移行しましょう。

マネーフォワードの料金

マネーフォワードの個人事業主向けプランには、3つのメニューがあります。

マネーフォワードの個人事業主向けプラン
 パーソナルミニパーソナルパーソナルプラス
料金(税抜)
  • 月額プラン:980 円/月
  • 年額プラン:9,600 円/年(月額換算 800 円)
  • 月額プラン:1,280
  • 年額プラン:11,760 円(月額換算 980 円)
年額プランのみ:35,760
(月額換算 2,980 円)
取引明細の自動取得
確定申告書の自動作成
書類作成・人事労務
  • 取引書類の作成(一部制限)
  • 給与計算
  • マイナンバーの管理
  • 取引書類の作成
  • 給与計算
  • マイナンバーの管理
レポートの出力
(キャッシュフローレポートのみ可)
サポート
  • メール
  • チャット
  • メール
  • チャット
  • 電話

「パーソナルミニ」は、副業で確定申告をする人向けのプラン。請求書の作成業務およびレポートの出力に、一部機能制限があります。

「パーソナル」は、機能に制限がなく、すべての機能が使えます。「パーソナルプラス」では、さらに電話サポートが付いてきます。

Sバード
私は「パーソナルライト」を利用していますが、機能が十分すぎて、使っていない機能もたくさんあります。

freee(フリー)の料金

freeeの個人事業主向けプランにも、3つのメニューがあります。

freeeの個人事業主向けプラン
 スタータースタンダードプレミアム
料金(税抜)
  • 月額プラン:1,180 円/月
  • 年額プラン:11,760 円/年(月額換算 980 円)
  • 月額プラン:2,380
  • 年額プラン:23,760 円(月額換算 1,980 円)
年額プランのみ:39,800
(月額換算 3,316 円)
取引明細の自動取得
確定申告書の自動作成
書類作成・人事労務取引書類の作成
レポートの出力×
サポート
  • メール
  • チャット
  • メール(優先対応)
  • チャット(優先対応)
  • メール(優先対応)
  • チャット(優先対応)
  • 電話

「スターター」は、一部の機能(領収書画像の読み込み、レポートの出力、消費税の申告など)に制限がありますが、確定申告に必要な機能はすべて使えます。

「スタンダード」は、機能に制限がなく、すべての機能が使えます。「プレミアム」では、さらに電話サポートが付いてきます。

4.仕訳登録の操作性(比較)

仕訳登録とは

  • ○月○日、サーバー代が引き落とされた。
  • ○月○日、顧客から入金があった。

などの入出金を一つずつ登録していく作業です。

会計業務のほとんどは、この仕訳登録です。そのため、仕訳登録の操作性が、会計ソフト選びの重要なポイントになります。

2社とも、以下の3つの方式で、仕訳登録ができます。

A.かんたん登録

マネーフォワードのかんたん登録

取引の内容と日付を選択し、金額を入力すれば、簡単に仕訳登録ができます。

仕訳登録-MF-1

freee(フリー)のかんたん登録

項目を選択して金額を入力すれば、仕訳登録が完了します。マネーフォワードよりも画面がシンプルなので、初心者でも迷わず登録できます。

仕訳登録-freee-1

B.振替伝票登録

日付借方貸方
7/15消耗品費 1080円普通預金 1080円

というふうに、簿記と同じ方式で、仕訳登録ができます。(経理の経験者向け

マネーフォワードの振替伝票画面

仕訳登録-MF-2

freee(フリー)の振替伝票画面

仕訳登録-freee-2

C.自動登録

マネーフォワードの自動登録

頻繁に発生する取引に対して、システムが自動で科目を推測してくれます。科目選択の手間が省けるため、登録ボタンを押すだけで仕訳登録ができます。

仕訳登録-MF-3

freee(フリー)の自動登録

自動で科目を推測してくれるところはマネーフォワードと同じですが、freeeではさらに登録まで自動で行ってくれます。

仕訳登録-freee-3

毎月発生する経費の引落しなど、取引内容が毎回同じであれば、完全自動で仕訳登録ができます。

5.クラウド会計ソフトの比較まとめ

マネーフォワードfreeeも、経理の効率化を図れる優秀な会計ソフトです。あなたのスタイルに合った方を選びましょう。

マネーフォワードがオススメの人

  • 簿記の知識がある。(または、使いながら簿記を覚えたい)
  • 給与計算ソフトも一緒に使いたい。
  • 経理専門のスタッフがいる。

私は簿記の知識がない状態でマネーフォワードを使い始めたましたが、日々の会計から確定申告まで、問題なくできています。(数年経った今では、簿記の知識が身につきました)

Sバード
初心者にも経験者にも優しいマネーフォワードは、給与計算もできる万能な会計ソフトです。

経理も給与計算もこれ一本

freee(フリー)がオススメの人

  • 簿記がわからない。
  • 会計ソフトだけをシンプルに使いたい。
  • 経理を自動化したい。

「もっとも簡単な会計ソフト」を目指すfreeeは、画面設計がシンプルなので、初心者でも迷わず直感的に操作できます。

Sバード
freeeは、初心者への配慮が行き届いている会計ソフトです。

一番シンプルな会計ソフト

6.さいごに

フリーランス・個人事業主の会計ソフトは、今回紹介した2つのどちらかを選べば、間違いありません。

面倒な経理作業は会計ソフトに任せ、あなたの本来の仕事に集中しましょう!

マネーフォワードfreeeも、無料でお試しができます。

操作性や連携先などを確認し、あなたのスタイルに合った方を選びましょう。