屋号付き|フリーランス・個人事業主にオススメの銀行口座を比較紹介

フリーランス・個人事業主の屋号付き銀行口座

こんにちは。個人事業主の「Sバード」です。

フリーランス・個人事業主として活動し始める際、銀行口座について悩むことがあると思います。

  • 今使っている個人口座じゃダメなの?
  • 屋号付き口座って、簡単に開設できるの?
  • 屋号付き口座を開設するなら、どこがいいの?
  • etc…

私も開業当初は「銀行口座、どうしよう……」と迷っていましたが、屋号付き口座を開設して数年経った今では

Sバード
フリーランス・個人事業主なら、屋号付き口座を持つべき(なければ不便)! 口座の開設は、意外と簡単。

と実感しています。

この記事では、私の実体験を基に

  • 屋号付き口座を持つメリット
  • 屋号付き口座を開設する方法
  • 屋号付き口座を作れるオススメの銀行

を、わかりやすく解説しています。

1.「個人口座」と「屋号付き口座」の違い

屋号付き口座を開設する前に、「個人口座」と「屋号付き口座」の違いを知っておくことが重要です。

1-1.個人口座(プライベート用)とは

個人口座とは、あなたがすでに持っている生活用の銀行口座です。

  • 公共料金の引落し
  • 各種保険料の引落し
  • 携帯電話料金の引落し
  • クレジットカード決済

などに使われ、

個人名(本名フルネーム)の名義

でのみ、口座を開設できます。(団体名の名義で開設できる場合もある)

1-2.屋号付き口座(ビジネス専用)とは

屋号付き口座とは

  • 顧客(クライアント)からの報酬の入金
  • 経費の支払

など、ビジネスの取引専用に使われる銀行口座です。

個人口座と機能に大差はありませんが、

「屋号」+「本名フルネーム」を名義に使える

という大きな特徴があります。

2.屋号付き銀行口座を持つメリットとは?

個人事業主が取引する際、ビジネス専用口座ではなく、プライベート用口座を利用しても問題ありません。しかし、ビジネス専用口座を開設するのが一般的です。

個人事業主がわざわざ(屋号付きの)ビジネス専用口座を持つメリットとは、何なのでしょうか?

【メリット 1】お金の管理がラク

個人事業を営むうえで、「ビジネスのお金の流れを一本にまとめる」ことは極めて重要です。

プライベートとビジネスの口座を分けておけば、

  • ビジネスの取引すべて(報酬の入金、経費の支払)を一元管理できる。
  • 会計業務(帳簿づけ、確定申告)がスムーズになる。
  • 財務状況を把握しやすくなる。

など、お金の管理がラクになります。

逆に、プライベートとビジネスのお金がごちゃ混ぜだと、ビジネスの取引を抽出するのに時間がかかり、会計業務や財務状況の把握が面倒になります。

時間のロスをなくし、本来の仕事に集中するためには、ビジネス専用口座が必須です。

Sバード
私もビジネス専用口座で取引を一元管理し、会計ソフトと連携しているので、会計業務がとてもラクです。
フリーランス・個人事業主の会計ソフト

【メリット 2】手数料が安い

この記事では、実店舗を持たない「ネット銀行」をお薦めしています。

ネット銀行は実店舗を持たない分、手数料を安く抑えています。無駄な出費を1円でも減らしたい個人事業主にとって、振込手数料が安いことは大きなメリットとなります。

【メリット 3】安心して振り込んでもらえる

顧客(クライアント)があなたの銀行口座へ代金を振り込む際、口座の名義があなたの個人名でも、振り込んでもらえるでしょう。

しかし、屋号付き名義のほうが

  • 単に怪しくない。
  • 個人事業者として、銀行の審査に通っている。

など、顧客にとって安心感があるため

  • 購買意欲の向上
  • 代金の未払いの防止

につながる可能性があります。

3.屋号付き銀行口座が不要なケースもある

【ケース 1】屋号を持たない場合

屋号を持たず「本名」で活動する際は、当然、屋号付き口座は不要です。

しかし、(前述のように)プライベートとビジネスのお金は、きっちりと分けて管理するべきです。

屋号を持たない場合は、個人口座を新たに作り、ビジネス用の口座として使いましょう。

【ケース 2】屋号付き口座で報酬を受け取れない場合

例えばアフィリエイトブログを運営している場合、その報酬は、ASPとよばれる仲介会社から振り込まれます。

しかし、ほとんどのASPは、報酬の振込先に「本名フルネーム」名義の銀行口座しか認めていません。

このように支払元が「屋号付き口座」に対応していない場合は、(【ケース 1】のように)個人口座を新たに作るしかありません。

Sバード
私も屋号付き口座を持っていますが、アフィリエイトの報酬のみ、新たに作った個人口座で受け取っています。

4.屋号付き口座を開設する方法(必要書類と流れ)

4-1.屋号付き口座の開設に必要な書類

屋号付き口座の開設には、基本的に以下の書類が必要です。(銀行によって多少異なる)

屋号付き口座の開設に必要な書類
口座開設申込書金融機関独自の申込書
本人確認書類
  • 運転免許証(写し)
  • パスポート(写し)
  • 公的医療保険の被保険者証(写し)
  • マイナンバーカード(写し)
  • 住民票の写し(原本)
  • 印鑑証明書(原本)
  • など、いずれか1点
屋号が確認できる書類
  • 開業届(控え)
  • 事業開始等申告書(控え)
  • 青色申告承認申請書(控え)
  • 確定申告書(控え)
  • 国税や地方税の領収書または納税証明書
  • など、いずれか1点

4-2.屋号付き口座の開設の流れ

口座開設の基本的な流れは、以下のとおりです。(銀行によって多少異なる)

  1. 書類を準備・作成する。
  2. 書類を銀行へ送付する。
  3. 口座の開設が完了すると、銀行からキャッシュカードが届く。(1~2週間程度かかる)
Sバード
屋号付き口座の開設は、意外と簡単です!

5.屋号付き口座を開設できるオススメの銀行ならここ!

屋号付き口座は、メガバンクとネット銀行の一部で開設できます。

【屋号付き口座を開設できる銀行一覧】

  • PayPay銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行

(2019年7月時点)

メガバンクには「誰もが知っている大きな銀行」というネームバリューがありますが、

  • 振込手数料が高い。
  • 窓口で開設手続をする必要がある。(一部)
  • 屋号付き口座を「正式なメニュー」として提供していない。(裏メニュー扱い)

などのデメリットがあります。

一方、ネット銀行はメガバンクほどのネームバリューはありませんが、

  • 振込手数料が安い。
  • 開設から取引まで、ネットで完結する。
  • 屋号付き口座を「正式なメニュー」として提供している。

など、メガバンクにはないメリットがあります。

個人事業を数年間営んでいる私は

Sバード
銀行の知名度にこだわる必要は、まったくない。

と実感しているので、利便性の高い「ネット銀行」に絞って紹介していきます。

【ネット銀行】屋号付き口座のおすすめランキング
順位銀行名開設のしやすさ振込手数料の安さ使い勝手
1位PayPay銀行
2位GMOあおぞらネット銀行
3位楽天銀行×

(調査時期:2019年7月)

ランキングに含まれない「イオン銀行」「オリックス銀行」「新生銀行」「住信SBIネット銀行」「セブン銀行」「ソニー銀行」などは、現時点では屋号付き口座を提供していません。

【1位】PayPay銀行(ビジネスアカウント・営業性個人)

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)は、日本初のネット銀行として2000年に開業。

PayPay銀行を利用する最大のメリットは、口座開設のしやすさ

他のネット銀行では、屋号付き口座の開設には「個人口座の開設」が必須ですが、PayPay銀行では不要。最速で屋号付き口座を開設できます。

また、取引ごとに、「ワンタイムパスワード」とよばれる使い捨てパスワードが発行されます。万が一パスワードが盗難されても、不正に取引されることはありません。

さらに、キャッシュカードには「VISAデビット機能」が付いています。口座引落し感覚でVISA決済ができるため、大変便利です。

Sバード
私が使っている、一押しの銀行です!

開設手続がダントツで楽な口座

【2位】GMOあおぞらネット銀行(個人事業主口座)

GMOインターネットグループとあおぞら銀行が共同出資する「GMOあおぞらネット銀行」は、2018年に誕生した新しいネット銀行です。

GMOあおぞらネット銀行を利用する最大のメリットは、手数料の安さ。他のネット銀行よりも、振込手数料が安く設定されています。

取引の際は、ワンタイムパスワードのような「アプリトークン」が発行されるため、セキュリティーも万全。

また、PayPay銀行と同様、VISAデビット機能付きキャッシュカードが無料で配布されます。しかも、「還元率 1%」のキャッシュバックがあるため、キャッシュバック分が経費の足しになるでしょう。

手数料の安さで選ぶなら

【3位】楽天銀行(個人ビジネス口座)

楽天銀行の個人ビジネス口座は、振込手数料がPayPayとGMOあおぞらの中間くらい。「ワンタイム認証」を採用しているため、セキュリティーもしっかりしています。

ところが、(PayPayとGMOあおぞらでは使える)モバイルバンキングに対応していません。

外出先でサクッと残高確認・振込ができないため、いざという時に不便かもしれません。

6.さいごに

プライベートとビジネスの口座をきっちりと分けるところから、独立開業はスタートします。

煩わしいお金の管理をラクにし、本来の仕事に集中するために、自分にぴったりの「屋号付き口座」を選んでみてくださいね。

個人事業主の屋号の決め方

引用・参考文献