HSP・繊細な人に向いてる「一人でできる」仕事を当事者が厳選紹介!

hsp・hssに向いてる仕事

近年、HSP(=Highly Sensitive Person)とよばれる「とても敏感な気質を持つ人たち」が、インターネットや本を通して認知されつつあります。

HSP当事者の私(Sバード)も、会社の仕事がうまくいかなくて職を転々とし、苦労の連続でした。

ところが、ある働き方にたどり着いた今では

Sバード(HSP当事者)
自分のペースで、無理なく働けています!

この記事では

HSP・繊細な人に向いている、一人でできる仕事

を、厳選紹介しています。

1.HSP(HSS)にとって会社の仕事が「つらい」理由

繊細すぎる気質を持つ「HSP」とよばれる人たちは、全人口の20%(5人に1人)いるといわれています。

HSP(=Highly Sensitive Person)とは
  • ちょっとした出来事や他人の感情に過敏に反応したり、人混みにいると疲れやすかったりする、とても敏感な気質を持つ人たち。
  • 一人の時間を好む傾向がある。
HSS(=High Sensation Seeking)とは
  • HSPの中でも好奇心旺盛でスリルを求める、異端児的な人たち。
  • 冒険を好み、衝動的で、危険を冒すこともいとわない一方で、過敏症になったり自律神経失調症になったりするなどのHSPの特徴も併せ持つ。
  • 「HSS型のHSP」ともよばれる。

HSP(HSS)の全員が会社の仕事がつらいとは限りませんが、会社組織で働くことが苦痛なHSPは多くいます。

Sバード(HSP当事者)
私も、会社の仕事が苦痛で仕方ありませんでした。

HSPが仕事を「つらい」と感じる理由を、いくつか書きます。

  • 一日中、神経が張り詰め通しである。
  • 職場に居るだけで、ぐったり疲れてしまう。
  • 人に見られながら作業するのが苦痛。
  • 自分だけ慎重で仕事が遅い。
  • マルチタスクが苦手。
  • スピードや効率化を求められると、息が詰まりそうになる。
  • 感情が乱れて仕事が手につかなくなることがある。
  • 皆と同じように適当に会話を楽しめない。
  • ピリピリした人間関係に耐えられない。

上に挙げたもの以外にも、あなたにしか理解できない理由があるかもしれません。

仕事がつらくて続かないと、どうしてよいのかわからず途方に暮れるでしょう。
私もそうでした。痛いほどに……

しかし、絶望する必要はありません。
私たちHSPには、普通の人とは異なる最適な働き方があるからです。

2.HSP(HSS)に向いてる「一人でできる」仕事

仕事が全然うまくいかなくて職を転々としていた私は

Sバード(HSP当事者)
もう限界。
これからどうやって生きていけばいいのだろう……

と、パニックになりました。

>> 私の詳しいプロフィールはこちら

そんな私に残された唯一の生きる道は、自分一人で稼ぐこと

ひとり起業のノウハウを徐々に身につけた私は、2021年現在、ネットビジネス(アフィリエイト)で生計を立てながらストレスフリーな生活を送っています。

このような私の実体験から

会社で働くのが苦痛な HSP(HSS)

には、次のような働き方が最適であると、私は身をもって知りました。

HSP(HSS)に最適な働き方
適職を探しているHSP
具体的には、どんな職業が向いてるの?

一人で現実的に稼げる、以下の職業がオススメです。

①~⑧の各リンク先で、「職業の詳細」と「稼ぐためのポイント」を解説しています。

一人起業のアイデア
Sバード(HSP当事者)
上の8つの適職は、純粋なHSPだけでなく、冒険心を併せ持つHSSも退屈せずに取り組めると思いますよ。

3.HSP(HSS)が一人で稼ぐようになるまでの実際問題

【問題 1】会社を辞めたいのに辞められない

会社で働くのが苦痛なHSPが自分にムチを打って会社に行くのは、とても危険です。

無理して会社に行った結果、うつが悪化したり、自ら命を絶ったりするケースもあります。

  • 上司に「辞める」と言いづらい。
  • 人手が足りなくて辞められない。
  • しつこい引き止めにあっている。

などの理由で退職できない場合は、「退職代行サービス」で逃げるように辞めましょう。

退職代行サービスとは
あなたの代わりに「退職の意思」を伝えてくれるサービス(全国対応)

おすすめの退職代行サービスを使えば、

  • 誰とも顔を合わせることなく
  • スムーズに

仕事を辞められます。

つまり、

一番イヤな退職の手続きを「丸投げ」できるんです。

退職代行サービスがやってくれる事
  • 退職の意思の伝達(電話)
  • 退職日の交渉
  • 未払い給料の請求
  • 有給休暇の申請
  • 会社への必要な連絡すべて
利用者の主な形態
  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート、アルバイト
  • 公務員
  • 看護師
  • etc…
Sバード(HSP当事者)
実際に私も、退職代行サービスを使って辞めたことがあります。

そのときの体験談は、コチラ↓

退職代行SARABAの体験談

【問題 2】一人で稼ぐまでの期間、食べていけない

会社を辞めた後に

生活費が無い

ことは、切実な問題です。

食費・家賃・税金・社会保険料・ローンなどの支払は、退職後も容赦なく発生します。

  • 多額の貯金がある
  • お金を援助してくれる人がいる
  • 投資やギャンブルで大金を稼げる

のであれば、生活費の心配をしなくてよいですが、そのような人は少ないはず。

大半の人は、一人で稼ぐまでの期間の生活費は、自分で稼がなければなりません。

適職を探しているHSP
でも、絶対に会社員には戻りたくない……

正社員に比べて精神的負担の少ない

省エネ・アルバイト(=単純作業のバイト)

で、効率よく生活費を稼ぎましょう。

私がお薦めするバイトを、次の記事で紹介しています。

フリーランスで食えない時期のアルバイト

4.まとめ

HSP(HSS)の最適な働き方
  • 落ち着いた環境で、
  • 自分のペースで黙々とできる、
  • 8つの適職で稼ぐ。

繊細で敏感な私たちHSPには、普通の人とは異なる最適な働き方があります。

HSPである自分を受け入れ、無理なくイキイキと働く

これこそがHSPが幸せに生きる道であると、私は強く確信しています。

Sバード(HSP当事者)
私と一緒に、新しい扉を開けましょう!

こちらの記事もオススメです

個人起業の成功原則

引用・参考文献

長沼睦雄著『敏感すぎる自分を好きになれる本』青春出版社、2016年