開業届を郵送で提出する方法|必要な送付物一覧および注意点

開業届の郵送方法

こんにちは。個人事業主の「Sバード」です。

この記事では

  • 税務署に行く暇がない
  • 税務署に行くのが面倒

という人のために、

を、わかりやすく解説しています。

個人事業主の開業届の書き方

1.開業届を郵送で提出する際の送付物一覧

No.送付物
開業届(提出用)
開業届(控用)
マイナンバーカード(または、本人確認書類)の写し
送付用封筒+送料
返信用封筒+切手
他の開業手続書類(開業届と併せて提出する場合)

【送付物 1】開業届(提出用)

次の記事を参考にして「開業届」を作成します。

個人事業主の開業届の書き方

【送付物 2】開業届(控用)

開業届のフォーマットは、「提出用」と「控用」がセットになっています。控用にも、提出用と同じ内容を記入します。

税務署の職員が「控え」に受領印を押し、【送付物 5】返信用封筒+切手(控用)に入れて送り返してくれます。

なお、開業届の控えは

に、必要になります。

【送付物 3】マイナンバーカード(または、本人確認書類)の写し

マイナンバーカードを持っている場合

  • マイナンバーカードの表面の写し(コピー)
  • マイナンバーカードの裏面の写し(コピー)

の2点が必要です。

マイナンバーカードを持っていない場合

以下の「番号確認書類」と「身元確認書類」の写しが、それぞれ1つずつ必要です。

番号確認書類
  • 通知カード
  • 住民票の写し、または、住民票記載事項証明(マイナンバーの記載があるものに限る)
身元確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的医療保険の被保険者証
  • 身体障害者手帳
  • 在留カード

(出典:番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い|国税庁

書類の写し(コピー)は、そのまま提出できますが、国税庁の本人確認書類(写)添付台紙に貼り付けて提出することもできます。

【送付物 4】送付用封筒+送料

開業届の送付用封筒

(上図のように)開業届に記入した「所轄の税務署」宛の、送付用封筒を準備します。税務署の住所は、税務署の所在地などを知りたい方|国税庁で確認できます。

また、税務署の職員に中身を知らせるために、赤字で「開業届等在中」と書きます。

封筒のサイズに決まりはありませんが、書類の送付で一般的に使われる(かつ、定形郵便物の規格内の)「長形3号」封筒を用いるとよいでしょう。

送料は、郵送方法によって異なります。

【送付物 5】返信用封筒+切手(控用)

開業届の返信用封筒

(上図のように)封筒に自分の住所を記入し、切手を貼ります。

切手の種類は、必要な開業手続書類の数によって異なります。それらの書類分の「控え」の重量に応じた切手が必要です。

下表および国内の料金表(手紙・はがき)|日本郵便を参照し、重量に応じた切手を準備しましょう。

重量の目安
種類重量(1枚あたり)備考
長形3号封筒約5g製品の違いによって、重量が前後する。
A4コピー用紙約5g

【送付物 6】他の開業手続書類(開業届と併せて提出する場合)

他の開業手続も同時に済ませる場合は、(開業届を含む)以下の書類を同封します。

No.書類名必須かどうか
開業届(+控え)必須
所得税の青色申告承認申請書(+控え)青色申告をする場合に必要
青色事業専従者給与に関する届出書(+控え)家族従業員を雇う場合に必要
源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(+控え)従業員(家族従業員を含む)を雇う場合に必要
マイナンバーカード(or 本人確認書類)の写し必須
開業手続には、①~⑤以外に事業開始等申告書が必須です。ただし、提出先が(税務署ではなく)都道府県税事務所であるため、別便で郵送します。

事業開始等申告書の郵送方法については、次の記事をご覧ください。

事業開始等申告書の書き方
学ブゥ
作成する書類が多くて、大変そう……

開業 freeeを使うと、必要な項目の入力だけで、すべての書類を一括で作成できます。しかも、無料で!(インストールなしで、今すぐ使える)

2.開業届の郵送方法

開業届は、普通郵便として郵便ポストに投函できます。

しかし、開業届重要な書類であり、マイナンバーも記載されています。万が一、郵便事故(紛失・盗難など)があった際には、非常に困ります。

そのため、追跡確認ができる

  • 簡易書留
  • 特定記録

のいずれかで郵送することをお薦めします。

簡易書留と特定記録の違い
 簡易書留特定記録
差出場所郵便局の窓口
配達方法投函手渡し

料金や配達される曜日などの詳細は、オプションサービスの加算料金一覧|日本郵便で確認できます。

3.開業届を郵送で提出する際の注意点

【注意点 1】提出期限に余裕を持って郵送する

税務署へ提出する開業手続書類には、「提出期限」が定められています。以下の提出期限に間に合うよう、余裕を持って郵送しましょう。

開業手続書類の提出期限
No.書類名提出期限
開業届開業日から1か月以内
所得税の青色申告承認申請書
  • 開業日が1月1日~1月15日なら、その年の3月15日まで
  • 開業日が1月16日以降なら、開業日から2か月以内
青色事業専従者給与に関する届出書同上
源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書定めなし(提出した時期に応じて、適用月が決まる)
消印日? 届いた日?
①~④のすべての書類は、「消印日 = 提出日」とみなされます。(税務手続に関する主な書類の提出時期の一覧|国税庁で規定)

【注意点 2】他の書類も忘れずに同封する

(前述のように)他の開業手続も同時に済ませるためには、開業届以外の書類も必要です。

書類を準備し忘れて、もう一度郵送することに……」と、二度手間にならないよう

  • すべての書類が揃っているか
  • 記入不備がないか

を、入念にチェックしましょう。

開業 freeeを使うと、必要な項目の入力だけで、すべての書類を一括で作成できます。しかも、無料で!(インストールなしで、今すぐ使える)

以上です。お疲れ様でした!

個人事業主の開業届の書き方
個人事業主の開業に必要な手続