違法にならない即日退職のワザ!会社員が「今すぐ」仕事を辞める方法

会社をすぐ辞める方法

「もう限界……今すぐ会社を辞めたい」
「即日退職できる方法があれば、実行したい」

あなたは、このような状況に追い込まれていることでしょう。

この記事を書いている私(Sバード)は、これまでに何度も会社を辞めてきました。

しかし、即日退職の方法を知らなかったため、すぐに辞められずに苦しんでいました。

この記事では、そんな私が

Sバード
もっと早く知っておけばよかった……

と感じた

  1. 今すぐ仕事を辞める方法
  2. 誰とも会わずに辞められる「裏ワザ」

(違法でない)

を、わかりやすく解説しています。

Sバード
あなたはもう、我慢しながら会社に行く必要はありません!

\ 上司と一切話したくない人はコチラ /

1.退職が認められるケースとは?

会社を「今すぐ」「合法的に」辞めるためには、まず、退職が認められる条件を知っておくことが重要です。

退職が認められるケースは、以下の3通り。

  1. 退職日の「2週間前」までに意思表示する
  2. やむを得ない理由がある
  3. 会社が「合意」してくれた

【ケース 1】退職日の「2週間前」までに意思表示する

会社員の退職について、法律で次のように定められています。

民法 第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する

電子政府の総合窓口 e-GOV「民法(明治二十九年法律第八十九号)」

つまり、雇用期間の定めのない「正社員」の場合は

退職日の「2週間前」までに退職の意思を会社に伝える

ことによって、退職が成立します。

ただし、以下の注意点があります。

退職日についての注意点(2つ)

  1. 雇用期間の定めがある場合は、「2週間前ルール」が適用されない。
  2. 給与計算期間の前半に、退職の意思を伝えなければならない。
注意点①の説明

正社員は(一般的に)雇用期間の定めがないため、「2週間前」までに退職の意思を会社に伝えることによって、退職できます。

しかし、

雇用期間の定めがある「契約社員」「派遣社員」については、原則として契約期間の途中では退職できません。
民法 第627条 2項で規定)

ただし、

  • 契約期間が1年超で、すでに1年以上勤務している場合
  • やむを得ない理由(後述)がある場合

は、契約期間の途中でも退職できます。

例えば、契約期間が2年ですでに1年以上勤務している場合は、いつでも退職できます。

注意点②の説明

一般的な月給制の会社では、給与計算期間の前半に退職の意思を伝えなければなりません。

具体例は、次のとおり。

月末締めの会社を「5月末」で退職したい場合
  • 5月1日~15日に退職の意思を伝える。
  • 15日を過ぎた場合は、6月1日まで待ってから退職の意思を伝える。
    (=6月末の退職となる)

給与計算期間の前半を1日でも過ぎると退職日が遅れるので、注意してください。

就業規則の「○か月前」に従うべきか?

会社を今すぐ辞めたい人
就業規則に「退職の意思は○か月前までに伝えるように」と書かれている場合は、従うべきなの?

答えは、イエスでもノーでもありません。

民法627条の「2週間前」と、就業規則の「○か月前」のどちらが優先されるか

は、専門家の間でも次のように意見が分かれているからです。

  • 「民法」優先派
    ・・・就業規則は会社が勝手に作ったものであり、民法が優先されるのは当然。
  • 「就業規則」優先派
    ・・・民法627条は任意法規1]であるため、無茶苦茶な内容でない限りは、就業規則が優先される。

1]任意法規とは
当事者の意思によって変更することが認められている法律。
逆に、当事者の意思に関わらず強制的に適用される法律を「強行法規」といい、労働基準法や最低賃金法が該当する。

あなたが民法の「2週間前ルール」を使って強行的に退職した結果、会社が黙って受け入れてくれればいいですが……

会社が被害を被った場合は、訴えられるリスクがあります。

会社を今すぐ辞めたい人
じゃあ、どうすればいいの?
 

【ケース 2】やむを得ない理由がある

  • 「2週間前」までに意思表示をしなくても、
  • 「○か月前」と就業規則に書かれていても、
  • 雇用期間の定めがあろうとなかろうと

やむを得ない理由がある場合

には、すぐにでも会社を辞められます。

民法 第628条

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる
この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

電子政府の総合窓口 e-GOV「民法(明治二十九年法律第八十九号)」

会社を今すぐ辞めたい人
やむを得ない理由って、何?
Sバード
法律には明記されていませんが、以下の理由が当てはまると考えられます。
やむを得ない理由
  1. 労働条件・職場環境の問題
  2. 精神的・肉体的な問題
  3. 家庭の事情
  4. その他の個人的な事情
  • 契約内容と実際の業務が、大きく異なる。
  • 労働条件が守られていない。
  • 違法な残業がある。
  • ハラスメントを受けている。
  • 人間関係が悪く、業務に支障が出る。
  • 精神状態が悪化し、これ以上働けない。
  • 育児や介護が必要になった。
  • 病気や怪我などで働けなくなった。
  • 親が倒れたので、実家に帰らなければならなくなった。

【ケース 3】会社が「合意」してくれた

  • やむを得ない理由が無くても、
  • 「2週間前」までに意思表示をしなくても、
  • 「○か月前」と就業規則に書かれていても、
  • 雇用期間の定めがあろうとなかろうと

会社があなたの退職の申し入れに合意してくれる

ことによって、退職が成立します。

会社を今すぐ辞めたい人
明日から旅に出るので、今日で退職させてください。
会社
オッケー。

のように、(退職の理由が何であれ)会社が退職に合意してさえくれれば、すぐにでも会社を辞められます。

\ 上司と一切話したくない人はコチラ /

2.会社員が「今すぐ」仕事を辞める方法

ここからは、上述の「退職が認められる条件」を基に、今すぐ会社を辞めるための具体的な方法を解説していきます。

  1. 最初に、機械的に退職手続をする
  2. 次に、後日会社に行かなくてもいいように段取る
  3. そのほかの退職方法も

【STEP 1】機械的に退職手続をする

1-①.退職届を提出する

退職の意思を伝えるために、会社に「退職届」を提出します。

社会通念上は、退職の意思は上司に伝えますが……
退職手続を機械的に(ラクに)終わらせるために、人事担当へ退職届を提出しましょう。

会社の人と一切話したくない場合
このパートを読み飛ばし、★裏ワザで逃げるように退職しましょう。
(最初から裏ワザを使うのも有り)

ここで、「退職届」と「退職願」の違いについて解説します。

退職届とは

退職を通告するための書類であり、会社はこれを却下できない。

退職願とは

退職を願い出るための書類であり、会社はこれを却下できる。

今すぐ辞めたいあなたが提出するのは、退職届のほう。
誤って退職願と書かないよう注意しましょう。

退職届の書き方は、次のとおり。

退職届のフォーマット

  1. 提出日
    退職届を提出する日付を記入します。
  2. 宛名
    「会社名」「社長の役職名」「社長の氏名」を記入します。
  3. 所属・氏名
    あなたの「所属部署」「氏名」を記入し、押印します。
  4. 退職日
    退職する日付を記入します。
会社所定の書式がある場合は?
会社所定の書式を無視し、上述の(日本社会で一般的な)フォーマットで退職届を作成しても問題ありません。
そもそも退職届の提出については、法律で義務付けられていないからです。
退職の意思さえ伝わればよいため、書式にこだわる必要はありません。
会社を今すぐ辞めたい人
退職届を受理してくれなかった場合は、どうすればいいの?

先ほども書いたように、会社は退職届を却下できません。
【退職が認められるケース 1】で引用した法律に

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

と定められているからです。

人事担当にダメだと言われても、この法律を盾にして退職届を突きつけましょう。

それでも人事担当に跳ね返された場合
【その他の方法】または★裏ワザを使って、強行的に退職しましょう。
(最初からこれらの方法を使うのも有り)

1-②.退職日までの「2週間」を休みにする

【退職が認められるケース 1】で解説したように、退職の意思を伝えてから2週間が経過しないと退職できません。
(つまり、退職届を提出してから「14日後」にようやく退職できる)

A.有給休暇が残っている場合

退職日までの14日間を「有給休暇」にすることによって、2週間も待たずに退職できます。
(週休2日制の場合は、10日間の有給休暇を取得する)

人事担当へ、退職日までの有給取得を申請しましょう。

会社を今すぐ辞めたい人
「人手が足りないから」「繁忙期だから」などの理由で有給取得を拒否された場合は、どうすればいいの?

有給取得は労働者の権利であるため、会社はこれを拒否できません。
人事担当にダメだと言われても、次の法的根拠を盾にして有給を取得しましょう。

会社は労働者に対して「有給休暇を他の日にズラしてほしい」とお願いすることができます。
これを時季変更権といい、労働基準法 第39条で規定されています。

会社が時季変更権を行使できるのは、業務に著しく支障が出る場合のみ。
「ウチは人手不足だからダメ」「今は忙しい時期だから無理」など、会社の身勝手な理由で有給取得を妨害することはできません。

さらに、あなたが2週間後に退職する場合は、退職日までの14日間の有給取得を他の日にズラすことができないため、会社は時季変更権を行使できません

したがって、会社は退職時の有給取得を認めざるを得ません

B.有給休暇が足りない場合

【退職が認められるケース 2】で解説した「やむを得ない理由」を使って、残りの日数を欠勤扱いにしてもらいましょう

先ほども書いたように、やむを得ない理由で欠勤する場合も、会社はこれを拒否できません。
民法 第628条で規定)

やむを得ない理由を強行的に使って、退職日まで堂々と欠勤しましょう。

  • 契約内容と実際の業務が、大きく異なる。
  • 労働条件が守られていない。
  • 違法な残業がある。
  • ハラスメントを受けている。
  • 人間関係が悪く、業務に支障が出る。
  • 精神状態が悪化し、これ以上働けない。
  • 育児や介護が必要になった。
  • 病気や怪我などで働けなくなった。
  • 親が倒れたので、実家に帰らなければならなくなった。
会社を今すぐ辞めたい人
「上司が嫌い」「職場の雰囲気が合わない」「仕事がつまらない」などの理由でもいいの?

それらは「やむを得ない理由」とはかけ離れている(=身勝手な理由である)と判断されるため、退職は認められないでしょう。

しかし、

退職の理由 = 本音

である必要はありません。

あなたの目的は、今すぐ退職すること。
本音が何であれ、上述のやむを得ない理由を使って確実に退職しましょう。

Sバード
退職理由を細かく聞かれても慌てないように、バレない嘘をつくような感じで「やむを得ない理由」を作りましょう。

【STEP 2】後日会社に行かなくてもいいように段取る

会社を辞める際は、会社から借りた物を返したり、必要な書類を受け取ったりする必要があります。

このことを事前に確認しておかないと、必要な書類が無いことに後から気づき……

退職した会社に再び連絡を取る

という気まずい事態になります。

返却物や受け取る書類を十分に確認し、後日会社に行く必要がないようにしましょう。

退職時に返却する物
  1. 貸与品
    社員証、制服、備品など
  2. 名刺
    自分の名刺、取引先の名刺
  3. 書類・データ
  4. 健康保険証
  5. 通勤定期券
    会社によっては返却不要な場合も
退職時に受け取る書類
  1. 離職票
    失業保険の給付手続に必要
  2. 雇用保険被保険者証
    同上
  3. 健康保険被保険者資格喪失証明書
    国保への加入時に必要
  4. 年金手帳
  5. 厚生年金基金加入員証
    厚生年金基金に加入していた場合に必要
  6. 源泉徴収票
    転職先の年末調整や確定申告時に必要
  7. 退職証明書
    転職先で提出を求められた場合に必要
Sバード
あらかじめリストを作っておくと便利です。

\ 会社と一切やり取りしたくない人はコチラ /

【その他の方法】郵送のみで退職する

  • 退職届を却下された場合
  • 退職届を直接渡したくない場合

は、「内容証明郵便+配達証明」という郵送方法を使って、強行的に退職しましょう。

内容証明郵便とは
「いつ」「誰から」「誰宛に」「どのような文書を」送ったかを日本郵便が証明してくれるサービス。
内容証明 – 日本郵便
配達証明とは
郵便物を配達した事実を証明してくれるサービス。内容証明郵便と併せて利用できる。
配達証明 – 日本郵便

「内容証明郵便+配達証明」を使うことによって、会社があなたの退職の書類を受け取った事実を残せます

これで会社は

悪質な会社
オマエの退職書類なんか受け取ってないぞ。

と、しらばっくれることができなくなります。

郵送する文書(A4サイズの用紙でOK)は、先ほど掲載した退職届のフォーマットをベースにして作成します。

退職届のフォーマットに、以下を追加記入します。

  1. 退職日まで有給を取得(または欠勤)する旨
  2. 必要書類(離職票、源泉徴収票など)を請求する旨
  3. 返却物を速やかに送付する旨
  4. 請求に応じない場合は法的手段を行使する旨

この文書(内容証明郵便)を作成する際は

  • 同じ文書を「3部」準備する。
  • 「1行20字以内」「1枚26行以内」などの条件を守る。

など、日本郵便が定めたルールを守らなければなりません。

内容証明郵便のルール・料金などは、内容証明 ご利用の条件等で確認してください。

\ 会社と一切やり取りしたくない人はコチラ /

【警告】バックレ・無断欠勤はNG

バックレや無断欠勤によって会社が損害を受けた場合、会社はあなたに損害賠償を請求できます。

実際に損害賠償を請求されるケースはほとんどありませんが、その可能性があることは覚えておきましょう。

バックレや無断欠勤によるデメリットは、ほかにもあります。

  • 懲戒解雇となり、本来もらえるはずの退職金がもらえない。
  • 離職票に「重責解雇」と記載されるため、転職の際に不利になる。
  • 自宅訪問をされたり、身元保証人に連絡が入ったり、捜索願を出されたりする。

バックレや無断欠勤をしても、後々面倒なことになるだけなので、止めたほうがよいでしょう。

3.裏ワザ!誰とも会わずに「即日退職」できる方法

ここまで会社をすぐ辞める方法を紹介してきましたが、中には

「会社の人と一切話したくない」
「精神的に限界で、退職のやり取りをしたくない」

という人もいるはず。

そんな人のために、「退職代行サービス」という便利なサービスがあります。

退職代行サービスとは
あなたの代わりに「退職の意思」を伝えてくれるサービス(全国対応)

おすすめの退職代行サービスを使えば、

  • 誰とも顔を合わせることなく
  • スムーズに

仕事を辞められます。

つまり、

一番イヤな退職の手続きを “丸投げ” できるんです。

退職代行サービスがやってくれる事
  • 退職の意思の伝達(電話)
  • 退職日の交渉
  • 未払い給料の請求
  • 有給休暇の申請
  • 会社への必要な連絡すべて
こんな人にオススメ
  • どうしても今すぐ辞めたい。
  • 誰とも顔を合わせずに辞めたい。
  • 上司に「辞める」と言いづらい。
  • ブラック企業を辞められない。
  • 退職を引き止められている。
  • きちんと有給を消化してから辞めたい。

退職代行サービスは100社近くありますが、その中でも15,000件以上の豊富な実績をもつ「SARABA(サラバ)」がオススメです。

SARABAは、正社員はもちろん、契約社員・派遣社員・アルバイト・公務員・看護師などの利用者も多く、成功率ほぼ100%

 

退職代行SARABAのサービス概要

退職代行SARABA
運営会社株式会社スムリエ
労働組合名退職代行SARABAユニオン
受付時間24時間/年中無休
連絡方法電話、メール、LINE
料金25,000円(追加料金なし)
支払方法銀行振込、クレジットカード
返金保証あり(全額)
最短退職日即日
各種交渉
  • 未払い給料の請求
  • 有給休暇の申請
退職実績15,000件以上
メディア出演「とくダネ!」「報道ステーション」など多数

SARABA(サラバ)は、24時間365日対応してくれるので、「もう限界」と思ったその時に依頼できます。

料金は雇用形態にかかわらず一律 25000円で、相談回数は無制限。
追加料金も一切発生しません。

万が一退職に失敗しても「全額返金保証」があるため、ノーリスクで利用できます。

さらに、SARABAは一般の退職代行業者とは異なり、労働組合が運営しています。
労働組合は「団体交渉権」を持つため、会社と対等な立場で交渉できます。

Sバード
これは、他社には無い大きな強み!

そのため、「未払い給料の請求」「有給休暇の申請」なども代行してくれます。

会社を今すぐ辞めたい人
でも、料金高くない?

退職代行サービスの中には格安の業者もありますが、料金の安さだけで選ぶと、次のように後悔するでしょう。

退職代行会社を検索してみれば、中には1万円を切るような会社もあります。
できるなら費用を抑えたいところですが、実は格安サービスには罠があります

その罠とは、オプションサービスでどんどんお金がかかってくることです。
即日の実行+1万円、折り返し電話対応+1万円、営業時間外の対応+2万円、といった感じでどんどんお金がかかるのです。

つまり基本料金が1万円なだけで、実際は5万円ほどの料金がかかってくるということになるのです。

退職代行 SARABA – 格安退職代行サービスの罠

SARABAは、「料金」「サービス内容」を総合的に高く評価できる、ダントツの業者です!

\ 全て込み 25,000円(業界最安クラス)/

SARABAを使った人の口コミ

最初は胡散臭いなとか、思ってしまったのですが自分には何の負担もなくあっさり辞められるなら安い買い物だと思いました
場合によってはストレスで体悪くするのだったら代行に頼んだほうがいいと思います。

【30歳 女性 サービス業】

退職プロ「退職代行インタビュー Vol.5」、(https://taishoku.pro/interview-woman-service/)

本当にLINEだけでSARABAとのやりとりが完結しました
また銀行振り込みも領収書を写真で送ることで認証されるのが便利でした。
ただ最初の「ヒアリングシート」の入力項目がかなり多くて細かいのが面倒でした。

【27歳 女性 人材派遣】

退職代行マイスター「退職代行SARABAの口コミ・評判一覧」、(https://www.zaikei.co.jp/jobs/review/rv-saraba)

連絡をしたときはすごくどきどきしましたが、依頼をしてお金を払ってあっという間に終わってしまったので、すごくあっけなかったです

【34歳 女性 医療事務】

退職プロ「退職代行インタビュー Vol.41」、(https://taishoku.pro/interviews-41/)

すぐにその日から会社へ行かなくても良いと言う点に満足しました
また、料金の支払いが一括払いしかできなかったため、分割払いが可能であれば良かったなと思いました。

【35歳 男性 人材派遣会社】

退職代行マイスター「退職代行SARABAの口コミ・評判一覧」、(https://www.zaikei.co.jp/jobs/review/rv-saraba)

対応スピードが非常に速かったです。
また、退職代行SARABAの方から様々なアドバイスを持ち掛けてくださったことに感謝しました。
後から追加請求がこないか心配でしたが、25,000円の料金で済んだので良かったです

【27歳 男性 飲食業】

退職代行マイスター「退職代行SARABAの口コミ・評判一覧」、(https://www.zaikei.co.jp/jobs/review/rv-saraba)

\ 豊富な実績 15,000件以上 /

SARABAのよくある質問

Q1.本当に“即日退職”できるの?

SARABAは、依頼があったその日のうちに退職に必要な連絡を代行してくれます。
(会社が休業日・受付時間外の場合を除く)

これまでに退職できなかったケースは1件もなく、万が一退職できなかった場合は「全額返金」に応じてくれます。

本当に退職できるの?

ハイ可能です。
今まで数々のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったことは一件もありませんのでご安心ください。
万が一退職できなかった際は、全額返金致します。

退職代行SARABA – よくある質問

Q2.追加料金は発生しないの?

SARABAは入会費も代行費も全て込みで「25,000円」なので、追加料金は一切発生しません。

もちろん電話やLINEでの相談回数も無制限です。

Q3.労働組合に入らなければいけないの?

SARABAは労働組合であるため、利用する際に一時的に労働組合員になる必要がありますが、あくまでも「カタチ」だけ。

退職が完了すれば自動的に脱退となるので、何も心配しなくて大丈夫です。

Q4.会社から直接連絡がこないか不安

SARABAは会社に「本人や親へ連絡しないように」と伝えてくれますが、強制力は無いため、100%連絡がこないようにするのは難しいようです。

会社との連絡はすべてSARABAが代行してくれるので、連絡がきても無視すれば大丈夫です。

\ “全額返金保証” でリスクなし /

4.まとめ

会社を「今すぐ」辞める方法
  1. 退職日までの2週間を休みにする
  2. やむを得ない理由を使う
  3. 郵送で退職の意思を伝える
  4. 退職代行サービスを使う(裏ワザ)

我慢して嫌な会社に勤め続けることは、百害あって一利なし。

人生の貴重な時間を奪われたり、精神を蝕まれたり……
嫌な会社は、あなたの生命エネルギーを容赦なく搾り取ります。

しかし、今回紹介した即日退職の方法を実行することによって、あなたは「嫌な会社」から一瞬で脱出できます。

Sバード
あなたはもう、我慢しながら会社に行く必要はありません!

\ 24時間365日 迅速に対応 /

引用・参考文献