嫌われるのが怖い!は幻想|嫌われても気にしない無敵のメンタル術

嫌われても気にしない方法

こんにちは。嫌われるのが怖くていつもビクビクしていた「Sバード」です。

この記事では

嫌われるのが怖くて
  • いつも周りに合わせてしまう。
  • 自己主張できず、息苦しさを感じる。
  • 常に人の顔色を伺っている。

という人のために、

嫌われても気にしないメンタル術

を、(常識にとらわれない思想を説く)「アドラー心理学」を交えながら、わかりやすく解説しています。

このメンタル術に、特別な能力は必要ありません。あなたの意識を少し切り替えるだけ。簡単です!

かつての私も、嫌われることを人一倍恐れ、いつも自分を消耗していました。

ところが、今回紹介する方法を実践してからは

Sバード
無駄な消耗がなくなり、ストレスフリー

と感じるようになりました。

1.嫌われるのが怖い!と悩むことが無駄である理由

人は必ず、誰かに嫌われる。

これが、「嫌われるのが怖い」と悩むことが無駄である理由です。

誰からも好かれる人など、この世に一人もいません。聖人とよばれる徳の高い人物でさえ、嫌われることを避けられませんでした。

【聖人たちの「嫌われた」事実】

  • 家族を捨てて出家したブッダは、妻・ヤショーダラーから猛烈に憎まれた。
  • イエス・キリストの挑発的な行動は、祭司長や律法学者を激怒させ、イエスは十字架にかけられた。
  • マザー・テレサの慈善活動は、一部のジャーナリストや学者などの反感を買い、痛烈に非難されている。
化石婆さん
みんなに好かれる立派な人間になりなさい。カタカタ。
Sバード
えっ?

人は必ず、誰かに嫌われる」。これが世の真理です。

もしあなたがこの真理に背き、「万人に好かれよう」と身を粉にして奮闘したならば、やがて自己分裂を引き起こし、あなたは消滅してしまうでしょう。

「嫌われるのが怖い」と悩むのは、人生を無駄にする愚かな行為。あなたに何のメリットも、もたらしません。

「人は必ず、誰かに嫌われる」。この事実を受け入れましょう。

2.嫌われても気にしない無敵のメンタル術

【メンタル術 1】頑丈な「壁」を作ろう

ZOZOの前澤友作社長元社長。Twitterでのストレートな発言が炎上し、たびたび賛否両論を呼び起こしています。前澤さんのことを良く思う人もいれば、悪く思う人もいるからです。

同様に、あなたが何か新しい行動を起こすと、それを良く思う人も悪く思う人も当然出てくるでしょう。あなたが嫌われることは、絶対に避けられません。

ここで、アドラー心理学の「課題の分離」という概念を簡単に説明します。

アドラー心理学とは
19世紀生まれの精神科医、アルフレッド・アドラーが創始した心理学。これまでの心理学とはまったく異なる視点で、自分らしく生きるための思想を説く。

例えば、あなたが会社を辞めて起業しようとしています。

しかし、同僚Aは

同僚A
独立して食っていくなんて、無理無理。絶対に辞めとけ。

と、あなたを説得します。

ここで、

その選択によってもたらされる結末(=起業してうまくいくかどうか)を引き受けるのは誰か?

を考えてみます。

答えは明白ですね。引き受けるのは、あなたです。

「起業してうまくいくかどうか」は、あなたの課題であり、同僚Aの課題ではありません。同僚Aがあなたの起業を阻止するのは、越権行為なのです。

アドラー心理学は

自分の課題と他者の課題は、分離せよ。

つまり、他者の課題には介入するなと唱えます。

「課題の分離」は、次のようなを作るイメージです。

課題の分離とは

――で、嫌われても気にしないためには、どうすればいいの?

【メンタル術 2】他人の心は「スルー」しよう

この「課題の分離」を用いると、

他者があなたを嫌うことは、他者の課題であり、あなたの課題ではない。

ということがわかります。

他者が勝手にあなたを嫌っているにすぎません。他者の課題は、スパッと切り捨てる。

さらに、前へ進もうとしているあなたには、他人の言動に一喜一憂している暇などないはずです。

他人の心は、華麗にスルー!

しましょう。

華麗にスルーするための心構えを、西村博之さん(匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者)が、わかりやすく解説しています。

たとえば、犬にかまれたら「痛っ!」とは思いますけど、犬に向かってマジギレすることはないですよね。これ、人に対しても同じなんです。

ひろゆき著『自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』SBクリエイティブ、2019年

単純明快ですね。あなたのことを良く思わない連中がいたら、「ヘンな犬が吠えているな」くらいに思って、スルーしましょう。

【メンタル術 3】強硬手段に出よう

嫌われるのが怖くて「メンタル弱々」だった、かつての私。今ではすっかり、嫌われても気にしなくなりました。

なぜそうなれたのか? 客観的に振り返ってみました。

他人の心をスルーする方法に加えて、ある行動もとっていることに気づきました。

それは

強硬手段に出ること

です。

Sバード

「嫌われるのが怖い」と思うのは、なぜだろう?

→「人からこう思われたらどうしよう」という恐怖心があるから。

→ 世間体なんか気にするのは辞めよう!

そう思った私は、世間体を生み出す「無駄な付き合い」を断つために、以下のような強硬手段に出ました。

年賀状をやめるタイミング
親戚付き合いが面倒

好ましくない現状を打破するためには、思い切って行動すること(=強硬手段に出ること)以外に道はありません。

人類の歴史を振り返ると、強硬手段の連続です。「アメリカ独立革命」「フランス革命」「明治維新」など、大勢の犠牲を伴った市民革命。「農業革命」「産業革命」「IT革命」などの技術革新。(もっと身近な例だと、ストライキ)

「革命」という名の強硬手段に出なければ、今でも私たちは、石器を使ったり獲物を追いかけたりしながら暮らしていることでしょう。

先ほど挙げた強硬手段は、あくまで私の例です。とるべき強硬手段は、人それぞれです。

今のあなたの状況に応じて、自分のペースで、できることから始めてみてください。

3.嫌われても気にしない生き方-おすすめ本(3冊)

最後に、あなたにお薦めできる「嫌われても気にしない」生き方が学べる本を紹介します。

私(Sバード)が実際に読んだ本の中から、以下のいずれかに当てはまるものを選定しました。

  • 嫌われても気にしない生き方の「本質」が書かれている。
  • 事例が豊富で、わかりやすい。
  • 誰もが実践できる内容である。

嫌われても気にしない生き方・おすすめ本-1:『嫌われる勇気』

200万部を超える大ベストセラーの自己啓発本。

フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨匠」といわれるアルフレッド・アドラーの思想を、「青年と哲人の対話」という物語形式で綴っています。

人生を変える「劇薬」ともいわれるアドラー心理学と、その教えに納得できない悩み多き青年。「変われない自分」「対人関係の悩み」「劣等感」など、私たちの身近な悩みをテーマに、青年と哲人が激しく議論を交わします。

自分の悩みと青年の悩みを重ね合わせながら読めるのが、この本のユニークなところ。私たちの気持ちを見事に代弁してくれる、青年の激しいツッコミに、思わずハッとさせられました。

「他人に嫌われるのが怖くて、一歩を踏み出せない」。そんなあなたを自分らしい生き方へと導いてくれる、価値ある一冊です。

嫌われても気にしない生き方・おすすめ本-2:『自分は自分、バカはバカ。』

面倒な相手をスルーするためのメンタル本。

著者であるひろゆきこと西村博之さんは、匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者。現在はフランスに移住し、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人を務めています。

「人間観察モードで眺める」「おかしな奴とは戦略的に距離を置く」。これらの考えをベースに、嫌な上司や同僚、ネット上の変な人に振り回されない方法を、ひろゆき氏の独自の視点で軽快に説いてくれます。

面倒な相手と正面衝突して無駄なエネルギーを使っていた、過去の私。「この本のメンタル術をもっと早く知っていれば、ご機嫌に過ごせたのに……」と感じました。

対人関係のストレスに悩まされている人にとって、有用な一冊となるでしょう。

嫌われても気にしない生き方・おすすめ本-3:『自分のことだけ考える。』

無駄なものに振り回されないメンタル術を説く、ホリエモンのメンタル本。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、2000年代前半に「IT長者」として注目を集め、一躍、時代の寵児に。現在は実業家として、宇宙ロケット開発や予防医療などの分野で活躍しています。

「はたして友達は必要か?」「他人の正義感はスルー」「プライドを捨てよ」などをテーマに、自分のことだけに集中する生き方を痛快に説いてくれます。

ひたすら自分の道を突き進むホリエモンの、説得力のある数々の言葉。その一つひとつが私の心にグサッと突き刺さり、ホリエモンが背中を押してくれているようでした。

新たな一歩を踏み出そうとしているあなたに勇気を与えてくれる、貴重な一冊です。

4.まとめ

嫌われても気にしない方法
  • 頑丈な「壁」を作る。(課題の分離)
  • 他人の心は、華麗にスルー!
  • 強硬手段に出る。

嫌われるのを気にしているうちに、人生はあっという間に終わってしまいます。

まずは、今回紹介した方法の一部だけでもいいので、実行してみてください。すべては、あなたの行動から始まります。

私と一緒に、嫌われても気にしないストレスフリーな生き方を実現しましょう。

それでも

  • 「私には無理」
  • 「キャー! 嫌われたくない」

という人へ

Sバード
もう知らん! 一生、ビクビクしながら過ごしておくれ。

この記事が新たな一歩を踏み出すきっかけとなれば、嬉しいです。

こちらの記事もオススメです

常識にとらわれない生き方

引用・参考文献

  • 岸見一郎・古賀史健著『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』ダイヤモンド社、2013年
  • 岸見一郎著『アドラー心理学入門』第22版、KKベストセラーズ、2014年
  • ひろゆき著『自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』SBクリエイティブ、2019年
  • 堀江貴文著『自分のことだけ考える。無駄なものにふりまわされないメンタル術』ポプラ社、2018年