年賀状がムダな理由を「年賀状を出さない」主義の私がズバッと解説!

年賀状が無駄である理由

年賀状を出さない主義の、Sバードです。

私も10年前までは年賀状を出していましたが、やめた今では

Sバード
無駄がなくなり、ストレスフリー!

です。

この記事では

年賀状が「無駄」である理由

を、ズバッとストレートに解説しています。

  • 年賀状をやめようと思っている人は、やめるための意志固めに
  • すでに年賀状をやめた人も、その正しさを再確認するために

この記事を読んでみてください。

なお、

  • 年賀状がムダだなんて、不謹慎だ!
  • 年賀状は素晴らしい「日本の文化」じゃないか!

という人は、読まないでください。

Sバード
アンチの愚問や反論なんて大体予想がつくし、いちいち付き合っている暇など無いので。

1.年賀状が「無駄」である理由

【理由 1】みんな嫌々出している

12月になると、周囲からこんな声が聞こえてきます。

化石のような人A
ああ、また今年も年賀状を出さなきゃ。
ダルいなあ……
Sバード
出さなきゃいいのに。

化石のような人B
めんどくさいけど、一人ひとりに添えるメッセージを考えなきゃ。
Sバード
そんなの読まれないし、「やっつけ仕事で書いたんだろうな」ってすぐに気づかれるよ。

化石のような人C
今年は誰が喪中? 住所変更は?
出し忘れはないかな?
Sバード
完全に踊らされてる……

みんな違和感を抱きながらも、嫌々年賀状を出しています。

【理由 2】オワコン化した儀式

  • 私財を投じて紙切れを買い、
  • 同じ絵柄と定型文を大量に印刷し、
  • 疎遠な人にまで送り付ける。

そんな年賀状作りは、もはや懲罰でしかありません。

年賀状
謹賀新年旧年中は公私にわたって大変お世話になり心より感謝申し上げます昨年中は並々ならぬご厚情を賜り厚く御礼申し上げます本年も昨年同様ご指導の程よろしくお願いいたします皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます……
Sバード
お経? 呪文?

楽しくない。
生産性もない。
おまけに、お金を吸い上げられる。

あなたの自由を奪うこの懲罰は、時代にそぐわない「オワコン化した儀式」といえるでしょう。

【理由 3】めんどくさい感情の交錯

年賀状を出す人の感情
  • 幸せいっぱいの家族写真を準備しようっと♪
  • 印象を良くするために、もう一言添えておこう。
  • この人に出してないけど、もらったから返さなきゃ。
  • etc…
年賀状をもらった人の感情
  • ウザっ! また赤ちゃんの写真。
  • 読まずにスルー。
  • コイツ、慌てて出したな。
  • etc…
Sバード
呪いのお札……

みんなわざわざ自分や他人を苦しめるようなことをして、何が楽しいのでしょうか

【ちなみに】メールやSNSでの挨拶すら不要

最近では、メールやSNSで新年の挨拶を済ませたり、WEB年賀状を送ったりする人が増えています。

でも、これって「紙の年賀状」が姿を変えただけですよね。

メールやSNSでの挨拶も、紙の年賀状と同じように義務になっていませんか?

Sバード
新しい技術に乗っかっただけで、大衆の意識は古いまま。

2.年賀状は「スパッ」とやめられる

(1)ムダな年賀状をやめられない理由

  1. 今までずっと出してきたから、仕方なく続けている。
    (=惰性
  2. みんなが出すから、とりあえず出しておく。
    (=主体性の欠如
  3. 出さなかったことによって、変な目で見られたり不利益を被ったりしたくない。
    (=同調圧力

出したくもない年賀状を嫌々出している人は、このように「惰性」「主体性の欠如」「同調圧力」に縛られています

Sバード
偉そうなことばかり言っている私も、年賀状をやめる前は、この3つに縛られていました。

(2)年賀状をスパッとやめる方法

ネット上では

  • やめるための上手な言い訳
  • 相手の気分を害さない挨拶文

など、年賀状をやめるための「小手先のテクニック」が紹介されていますが、どれも使えません(時間も手間もかかる)。

そんなくだらない事にエネルギーを使っている暇なんて、無いですよね

何も告げずに、スパッとやめる

これが、ベストな年賀状のやめ方です。

私もこの方法で年賀状をやめましたが、やめて以来、何の問題もありません。

――やめた後は、どうすればいいの?

年賀状をやめた後の対応マニュアル
  • 元々疎遠だった相手
    → 放置する。
  • リアルで会う相手
    → 自分からはアクションを起こさず、相手が何か言ってきたら「年賀状出さない主義に変わったんで」と、サラッと答える。
  • やめた後もしつこく年賀状を出してくる相手
    → もらった年賀状に「受取拒否」と書き、押印して投函する。

「極端すぎる!」と思う人もいるかもしれませんが、先ほど書いた「惰性」「主体性の欠如」「同調圧力」に縛られている限り、年賀状をやめることはできません。

しかし、この記事を読んでくれているあなたには、この3つを断ち切る力があるはず。
余計なことは考えず、Just do it. Just do it.

3.もっと自由に生きればいい

年賀状をボロクソに批判してきましたが、私が言いたいのは

常識にとらわれず、もっと自由に生きよう!

この一言に尽きます。

親戚付き合いが面倒
帰省したくない

違和感を抱きながらも嫌々やっている日本人、多いですよね。

「くだらない常識」に囚われているうちに、人生は“あっという間”に終わってしまいます。

嫌ならやらなければいいし、他人の目なんか気にする必要はないんです
シンプルでしょ!

「自由に生きる人」が増えることを、期待しています。

こちらの記事もオススメです

常識にとらわれない生き方
他人に振り回されない方法
葬式しない墓もいらない