SNSを一切やらない私が「ご機嫌」でいられる3つの理由

私がSNSをやらない理由

LINE、Twitter、Facebook、Instagram、Tik Tok、カカオトーク、etc……。

SNSは本来、楽しくコミュニケーションするためのツールであるはず。

ところが、世の中では「SNS疲れ」という摩訶不思議な“病”が蔓延しています。
あなたも、その患者の一人ではないですか?

この記事では、SNSを一切やらない私が

Sバード
一年中、ずっとストレスフリー!

でいられる3つの理由を、わかりやすくコンパクトに解説しています。

  • SNSに疲れた人は、やめるための意志固めに
  • すでにSNSをやめた人も、その正しさを再確認するために

この記事を読んでみてください。

1.SNSに振り回される人たち

SNSは、本来

  • 世界中の人と繋がれる
  • 多くの人に情報発信できる
  • ニュースやトレンドを収集できる
  • 写真や動画を共有できる

などのメリットを享受して楽しむためのツールです。

ところが、世の中はSNSに振り回される人たちで溢れています。

SNSに振り回される人A
インスタ映えする写真を必死でアップしているのに、「いいね!」がつかない。
SNSに振り回される人B
A子の「リア充アピール」を見せつけられるのは、もうウンザリ!
SNSに振り回される人C
感情任せで書いた投稿が炎上し、友達を失ってしまった……

SNSに振り回される悲しい人たちには、以下のような特徴があります。

SNSに振り回される人たちの特徴
  1. 周りがSNSをやっているので、とりあえず自分もやっておく。
    (=主体性の欠如
  2. SNSをやらないことによって「仲間外れ」にされるのが怖い。
    (=同調圧力
  3. 目立ちたい、かまってほしい、人より優位に立ちたい
    (=承認欲求のフラストレーション

「主体性の欠如」「同調圧力」「承認欲求のフラストレーション」が、一体何のメリットをもたらすというのでしょうか?

楽しく使うためのツールに振り回されて「ツラい思い」をするなんて、あり得ないですよね

SNSに振り回される悲しい人たちは、どうでもいい周りの目に縛られているのです。

2.SNSをやらない私が「ご機嫌」でいられる理由

【理由 1】SNS疲れと無縁

SNS疲れの症状
  • 溢れる「リア充投稿」にウンザリ。
  • 友達やフォロワーの数が気になって仕方がない。
  • 自分の発言が炎上していないか、いつも不安になる。
  • 仕事関係の相手からの友達申請を拒めない。
  • コメントがつくたびに、「早く返信しなくては」と焦ってしまう。
  • etc…

SNSをやらない私は、当然そのような病状とは無縁であるため

ストレスフリーで心穏やかです。

【理由 2】自分に集中できる

嫌でも他人の生活を見せつけられるSNSユーザーとは違い、SNSを一切やらない私には、他人のどうでもいい無価値な情報は一切入ってきません。

人を羨んだり、妬んだり、マウンティングしたり……

自分と他人を比べる

という愚行をしない私は、自分のことだけに集中できるため

ストレスフリーで心穏やかです。

【理由 3】自由時間がたっぷり

  • SNSを無駄に徘徊する。
  • 「いいね!」がついていないか、常に確認する。
  • 大量のコメントに、一つずつ丁寧に返信する。

などの生産性のない行為と無縁の私は、自由時間がたっぷりあるため

ストレスフリーで心穏やかです。

3.もっと自由に生きればいい

SNS疲れが蔓延する世の中を批判してきましたが、私が言いたいのは

常識にとらわれず、もっと自由に生きよう!

この一言に尽きます。

親戚付き合いが面倒
帰省したくない

違和感を抱きながらも嫌々やっている日本人、多いですよね。

「くだらない常識」に囚われているうちに、人生は“あっという間”に終わってしまいます。

嫌ならやらなければいいし、他人の目なんか気にする必要はないんです
シンプルでしょ!

「自由に生きる人」が増えることを、期待しています。

こちらの記事もオススメです

常識にとらわれない生き方
他人に振り回されない方法
年賀状が無駄である理由
葬式しない墓もいらない